お仏壇を準備する意味?死者のためではなく私のため

人口の流動化や核家族化などの社会情勢の変化によって、最近では何世代にもわたって同じ家に住むことが無くなり、次々と新しい家が建ち、また引っ越しも頻繁に行われています。そうして移り住んだ家には、時に若い世代を中心に、昔はどの家にも必ずあった仏壇が安置されないケースが増えてきました。ここでは、お仏壇を準備する意味や注意点についてご案内していきます。

お仏壇は亡き人が住む場所ではありません

お仏壇は、「亡き人が宿る場所」と思われますが違います。一般的に「なぜ仏壇がないのですか?」と尋ねてみると、「まだ誰も死んでいないので」とか「仏壇が田舎の家にあります」といった答えが帰ってきます。「誰も死んでいないからお仏壇はない」だから「亡き人が宿るお仏壇は必要ない」と考えられるのですが、それは妙な話で「私」に繋がる数限りない命・ご先祖様の方々が死んでいったほずです。その方々を自分とは関係ない命とするのは、いかがなものでしょうか。

お仏壇の捉え方

こうした言葉の裏には、お仏壇が、今生きている家族の誰かが死んで初めて必要になるものであり、ご先祖にしても、子孫の誰かが一人(長男や長女)が「面倒をみれば」事足りる、といった認識があるようです。さらに言えば、お仏壇は「死者や先祖をお祀りするためのもの」と思っているようです。

本来のお仏壇の意味

お仏壇とは、文字通り「仏様をご安置する壇」のことです。仏様とは、いうまでもなく御本尊である阿弥陀仏(阿弥陀如来)のことです。ちょっとしたことにこだわり、悩み、自己を見失いがちになる私をしっかりと抱きとめて、けっして崩れることのない安らぎを与えてくださる阿弥陀様です。お仏壇は、そうした私の心の拠り所となり、家庭の精神的基盤となってくださる阿弥陀さまをご安置するために設けるのです。

まとめ

ポイント
・お仏壇はご本尊・阿弥陀仏をご安置する場所
・お仏壇は死者のためではなく、生きている私のためのもの
・家ごとにお仏壇を安置しよう

いじめ・家庭崩壊など心の問題が山積みしている昨今、家族がそろって阿弥陀様に手を合わせることが、どれほど心豊かな家庭生活に繋がるでしょうか。ですから、「田舎の実家にあるから」とか「長男だけでよい」とか言わずに、独立した家庭であれば、必ずお仏壇を安置するようにします。

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。