なぜ仏壇にローソクの火をつけるのか?仏様の智慧と慈悲のはたらきを表します

お仏壇のお荘厳の基本となるのが、三具足(みつぐそく)と言って「香炉・右側にロウソク・左側に花」を準備します。なぜお仏壇にローソクをお飾りするのでしょうか。ローソクの性質からその意味を明らかにしていきます。

昔は電気がなかったから

昔は電気がなくて明かりが必要だからロウソクが立てられたと考える人もいるでしょう。「お仏壇の中を明るくするため」とか「お経を読む時のあかり」と考えるかもしれません。しかし、それなら電気が通って、便利なLED電球や埋め込み式の電球などがあるから、ローソクから変わっていっても良いはずです。つまりローソクを準備するのは、明るくするためでもお経を読むためでも無いということです。

なぜローソクで飾るのか

そもそもお仏壇を荘厳することの意味を忘れてしまってはいけません。お荘厳とは御本尊である「阿弥陀様」を美しくお飾りすることを目的とします。単なる飾り付けでも、私達がお経を読めるように明るくためでもありません。阿弥陀様が私達に向けてくださっているお心を深く味わう上でのお飾りなのです。

ですから、ローソクの火は私達がつけるのですが、ついた火は阿弥陀様のお徳や「はたらき」として味わうことが大切です。

仏壇にローソクを飾る2つの意味

ローソクの火には2つの面があります。

1つは「光」です。周囲を明るく照らすその光は、阿弥陀様の智慧を表しています。心の奥底までも知り尽くし、どろどろとした迷いの闇を絶え間なく照らして真実に向かわしめる智慧の光明なのです。

もう1つには、「熱」です。これは阿弥陀様の慈悲を表します。熱が氷を解かすように、お慈悲のぬくもりが私の固く閉ざした心を解きほぐしてくださいます。またその炎からも、休むことなくはたらきかけてくださっている阿弥陀様のお慈悲の心が伝わるように味わえます。

まとめ

ローソクの火から、阿弥陀様の智慧と慈悲の心を味わうことができます。このように味わってみますと、ローソクの火がこれまで以上に輝いて見えてこないでしょうか。それはLED電球や埋込み式の電球に変わるものではなく、ローソクだからこそ味わえる阿弥陀様のはたらきと言えましょう。

なお、ローソクの色は一般的に白色のものを使いますが、喜びの式(例えば入仏式や結婚式)の時には赤色のローソクを使います。

© 2021 オンラインの法事はweb法事にお任せ(youtubeで解説動画付き)