web法事について【2万円~】コロナ対策!もう交通費はいりません

「web法事って何?」「一度も聞いたことはないんだけど、気になった方」「法事をもっと効率的に行いたい」そんな方のために、1から分かるweb法事をご紹介します。

この記事では具体的にこのような疑問を解決します

  • 従来の法事とオンライン法事の違い
  • web法事を行うメリット
  • 必要なもの
  • 当日の法事の流れ

これからの法事をもっとスマートに。従来の法事に比べてオンラインで行う法事なら、煩わしいことなど色々と問題を解決できます。

法事とweb法事の違い

従来の法事では、菩提寺や派遣サービスを利用していましたが、web法事はテレビ会議の要領を利用した新しい法事の形です。またyoutubeをご覧になるように法事の様子を録画したものを視聴する方法もご用意しています。

菩提寺を利用する場合

おおよそ3ヶ月前から1ヶ月前にお寺に連絡して、日程を調整します。場所はお寺の本堂や自宅・会館を利用します。参列する親族にも連絡して、場所と時間をお知らせします。菩提寺の法事の方法は様々で、儀式時間もそれぞれ違います。普段慣れていない法事をどんどん進められ、いつ終わるか不安な中、頭の中では食事の手配や席次についても考えておかなければいけません。

遠方から参加される親戚にも気をつかい、法事が終わり家に帰ってくる頃には疲れていることでしょう。それで終わりではなく、御仏前を頂いているのですから金額を記帳しておき、また他の親戚の法事の時には同じくらい包むためにも、資料を残しておかなければいけませんし、お礼のお電話なども必要でしょう。

派遣サービスを利用する場合

近年派遣サービスが普及しており、菩提寺が無くても法事に困らなくなりました。ただ菩提寺との関係がないだけで、法事の内容は変わりません。むしろ全く関係がない僧侶が来るのですから、毎回違った法事のスタイルになりますし、果たして本当に一期一会を大切にしてくれるお坊さんが来てくれるのでしょうか。

リピートで同じ人を指名しないかぎり、やはりどんな人が来るのか分かりません。電話口で簡単な日時のやり取りをするだけで、初めて会った僧侶に法事の丁寧さや気遣いに関係なく、一律に高額なお布施を準備しなければなりません。

派遣サービスなので、説明の丁寧な窓口は会社はたくさんありますが、登録されている僧侶は玉石混交です。ちゃんとした責任感を持った人が来て欲しいものです。

web法事のメリット

これらの問題点を解決するのがweb法事です。従来の法事では、どのように行えば良いのか分からなかった人でも、事前に動画を見て流れを確認するだけで安心して当日を迎えることができます。

web法事のメリット

  • カレンダーから自分の都合に合わせた日程が選べる
  • 分かりやすい料金設定、納得の行く法事の場合のみお布施を支払う
  • 初めての方でも法事を行う負担が減り、遠方の家族でも参加しやすい
  • 事前に僧侶が分かる安心感

これだけでもインターネットで法事を行うメリットがあります。

法事の段取り

お寺によって法事を行う年回忌は様々です。亡くなった年を確認して法事を申し込みます。
今年が年回忌の法事か分からない人は

年回忌早見表

を御覧ください。

カレンダーから法事の日時を決める

カレンダーから開催日時を選び、「名前」「電話番号」「メールアドレス」をご入力ください。故人様のお名前と「戒名(法名)」をお伝えいただき、合わせて質問などあればこの時にも受け付けます。従来の法事のようにお寺と何度も日程調整する必要はありません。

ご予約は以下からお申し込みください。
法事を予約する

お寺にて日程を確認し承認された場合に「本予約」となります。キャンセルされる場合は2日前の12時までにお願いします。

分かりやすいお布施設定で追加料金はありません

49日の満中陰法要や1周忌・3回忌といった法事の場合、30分程度でお布施は20,000円です。代金は法事の後に銀行振込かクレジット決済をお願いしています。他に追加料金などはありません。

永代供養をお申し込みの場合には、10万円をお願いしています。お骨をお寺の合祀墓にて納骨しますので、事前にお問い合わせフォームよりご連絡ください。
墓前での納骨法要を必要な方は、10,000円をお願いしています。

お布施とは、本来定額ではありません。しかし、現在の社会状況を鑑みますと利用しやすいように設定してあります。もし経済的な理由などで負担が重いという場合には、個別に対応いたします。お問い合わせフォームよりご連絡いただき、日程を調整し法事を行います。

web法事なら負担が減ります

インターネットで法事を行う場合、遠方の方であっても、パソコンか携帯があれば法事に参加できて、交通費が削減できます。

従来の法事では親族が集まってお食事の心配もありましたが、オンラインで行う場合は食事も不要になります。元気な顔が見られて会話も楽しめるので、メリットが多いと言えるでしょう。

従来の法事のやり方では種々の不安が拭いきれませんでしたが、webを利用することでスマートになります。これからの法事はもっとスマートに行うことで、身近な仏事としていければと思います。

事前に僧侶が分かる安心感

僧侶派遣というサービスもありますが、やはり当日になるまでどのような人が来るのか心配です。お金を支払う訳ですから、しっかり僧侶を選んで法事をしたいものです。

web法事なら事前に動画で僧侶を知ってもらい、希望の法事を選んでいただければと思います。

準備するもの

web法事をする上で、まず必要なものはパソコンか携帯電話です。メールで法事のアドレス(URL)をお伝えするので、動画の視聴環境が整っていることが条件になります。

環境をテストする

法事をお勤めする上でお花やお供え物は、こちらで準備しておりますが、もし写真や思い出の品やお菓子などあれば一緒に画面の前に置いて、法事をお勤めしましょう。

当日の流れ

法事開始の5分前からweb法事の会場に入場できます。メールアドレスに記載されたアドレス(URL)からご入場ください。定刻までに映像・音声・マイクの確認をお願いします。

定刻となりますと、法事のご案内を致します。再度、映像・音声・マイクの確認をこちらから行いますが、もし機材トラブルがあった場合にはお申し付けください。

操作方法などはこちらへ

30分程度を予定しています。時間に余裕を持って予定していただければと思います。

まとめ

コロナウイルス感染によって法事やお葬式でクラスターが発生しました。今後法事を勤めるためには、なるべく人と人との接触を避けなければいけません。法事はしたい、けれども感染リスクを減らすためには、このweb法事が一番の方法ではないかと思います。

今までの法事を振り返ってみますと、色々と準備等で分からないことも多かったことかと思います。ましてや、遠方にいる家族・親族がいかに法事に参加してもらえるか、離れ離れに暮らしている現代では、みんなが揃って法事に参加することは大変難しいことです。

少しでも遠方にいる家族にも参加してほしい、そんな思いでこの「web法事」を立ち上げました。少しでも田舎の頑張っているお寺が存続し、そしてご縁が広がればと思っています。

 

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。