法事とは?法要・四十九日の流れがよくわかる

法事・法要とは、住職にお経をあげてもらうことを「法要」といい、法要と後席の食事も含めた行事を「法事」と呼びます。「初七日」とか「四十九日」「一周忌」には、故人のために行う重要な法要です。本来は、四十九日目まで七日ごとに法要がありますが、初七日と四十九日を除いては遺族のみで営まれるのが一般的です。 四十九日をもって忌明けとし、この日以降は年忌法要となります。ここでは、法事・法要に関する種類や作法についてご案内していきます。

法事とは?

仏教では、逝去してから四十九日の間を「中陰」と言います。 中陰の間は、閻魔大王による裁きが七日おきに実施され、極楽浄土へ旅立てるか否かの判定が下されるのが四十九日目にあたり、この日が忌明けになります。遺族は、七日おきの裁きに合わせて法要を営み、故人の冥福を祈ります。 日取り決めの際、法要を行なう予定の日が平日となる場合には、直前の土曜日もしくは日曜日にずらすのが通例です。 通常、忌明けとは四十九日を指します。この日以降は、年忌法要になります。

法事の種類

亡くなって1年までの法要は、

初七日(しょなのか)、二七日’ふたなのか)、三七日(みなのか)、四七日(よなのか)、五七日(いつなのか)、六七日(むなのか)、四十九日(しじゅうくにち)または満中陰、百ヶ日、一周忌をお勤めします。

その後、お寺によって様々ですが、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌をお勤めします。

法事の服装

法事のときの服装は礼服が基本です。遺族は必ず礼服を着用するようにしましょう。四十九日以降の年忌法要では略式礼服でも構いません。男性は、黒のスーツ、女性は黒のワンピースかスーツを着用します。法事に招かれた場合は、黒の略式礼服を着用するようにします。黒の服装が用意できない場合は、無地の紺やグレーなどの地味な服装を心がけます。心配な場合は、事前に施主に確認をとっておくとよいでしょう。

 

© 2021 オンラインの法事はweb法事にお任せ(youtubeで解説動画付き)