浄土真宗では位牌を用いず過去帳を使います。位牌の由来は儒家で霊魂を表します

よくお仏壇の中にお位牌がご安置されている事を見かけますが、浄土真宗では位牌を用いません。なぜ用いないのか、その理由を説明します

位牌にはご飯やお水を備えない

故人の法名を刻んだ位牌をお仏壇の中にご安置している家庭がありますが、浄土真宗では位牌を用いません。その位牌の前にお仏飯やお水が供えられていたり、ひどい場合には、真ん中にご安置している阿弥陀様が隠れてしまう位置に位牌が置かれている場合があります。今一度お仏壇の中の確認をしましょう。

位牌は中国の儒家のものだから位牌を使わない

お仏壇は死者を祀る所という認識では、本来のお仏壇の意味とは違います。

そもそも位牌は、中国の儒家で用いられてきたものです。故人の生存中の官位と姓名を書き記した牌が位牌で、そこには神霊が宿ると信じられてきました。やがて日本の祖先崇拝と結びつき、仏教にも転用されるようになりました。しかし、そこには仏教の教えとはかけ離れた「霊の宿る所」という意識が色濃く残っていえます。仏教の本来の教えには「霊の宿る所」という考えはありません。その仏壇の中に儒家の位牌を入れる事は仏教に矛盾した儒家の形が入り込んでいて間違っているのです。

浄土真宗で位牌を用いないのは、そうした仏教にそぐわない霊魂観に基づいたものだからであり、ちゃんとした理由があったのです。

浄土真宗では過去帳もしくは法名帳を使います

浄土真宗では、位牌の代わりに過去帳もしくは法名帳をお使い下さい。

命日や法事の時に過去帳を置く場合には台に載せて開け、御本尊である阿弥陀様の妨げとならないようにお仏壇の中段脇か下段に置きます。過去帳の前にお水や食事などはお供えしません。お供えは供物台に載せて、全体のお飾りとしてお菓子や果物をお備え下さい。

 

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。