浄土真宗では位牌を用いず過去帳を使います。位牌の由来は儒家で霊魂を表します

よくお仏壇の中にお位牌がご安置されている事を見かけますが、浄土真宗では位牌を用いません。なぜ用いないのか、その理由を説明します

位牌にはご飯やお水を備えない

故人の法名を刻んだ位牌をお仏壇の中にご安置している家庭がありますが、浄土真宗では位牌を用いません。その位牌の前にお仏飯やお水が供えられていたり、ひどい場合には、真ん中にご安置している阿弥陀様が隠れてしまう位置に位牌が置かれている場合があります。今一度お仏壇の中の確認をしましょう。

位牌は中国の儒家のものだから位牌を使わない

お仏壇は死者を祀る所という認識では、本来のお仏壇の意味とは違います。
お仏壇を迎える本当の意味

そもそも位牌は、中国の儒家で用いられてきたものです。故人の生存中の官位と姓名を書き記した牌が位牌で、そこには神霊が宿ると信じられてきました。やがて日本の祖先崇拝と結びつき、仏教にも転用されるようになりました。しかし、そこには仏教の教えとはかけ離れた「霊の宿る所」という意識が色濃く残っていえます。仏教の本来の教えには「霊の宿る所」という考えはありません。その仏壇の中に儒家の位牌を入れる事は仏教に矛盾した儒家の形が入り込んでいて間違っているのです。

浄土真宗で位牌を用いないのは、そうした仏教にそぐわない霊魂観に基づいたものだからであり、ちゃんとした理由があったのです。

浄土真宗では過去帳もしくは法名帳を使います

浄土真宗では、位牌の代わりに過去帳もしくは法名帳をお使い下さい。

命日や法事の時に過去帳を置く場合には台に載せて開け、御本尊である阿弥陀様の妨げとならないようにお仏壇の中段脇か下段に置きます。過去帳の前にお水や食事などはお供えしません。お供えは供物台に載せて、全体のお飾りとしてお菓子や果物をお備え下さい。

 

© 2021 オンラインの法事はweb法事にお任せ(youtubeで解説動画付き)