戒名(法名)授与をご希望の方

「戒名が欲しいけれど菩提寺がない」、「菩提寺が遠方にある」、「お布施がいくらになるか不安」という方に戒名をご用意します。生前に自分で納得した形で戒名を付けたいという方には生前戒名というものもございます。一般的に2万円~100万円とされる戒名料をweb法事では2万円からお授けしています。

故人の生前のお人柄や趣味、入れて欲しい字、故人の一字などご希望をお知らせいただければ戒名にお含みします。

戒名とは

戒名とは、仏道に入門し受戒した者に与えられる名前のことであり、仏弟子になったことを示します。ですので本来の戒名とは、亡くなってから付けられる名前ではありません。生前に俗名を捨てて仏弟子になった証として出家の際に与えられる名前を戒名といいます。しかし皆が生前に出家することはないので、後に戒名を受けそこなった人も葬儀の際に戒名を授けるようになりました。

浄土真宗の法名とは

浄土真宗では戒名とは言わず「法名(ほうみょう)」といいます。命の行く末を仏教を依りどころとし、お釈迦さまの弟子となった者の名前です。本山(本願寺)で帰敬式(おかみそり)を受式されますと、本願寺住職から「○○」という法名をいただきます。浄土真宗の場合はどのような人でも、つまり戒律を守らない人でも阿弥陀如来が無条件に成仏させてくれるので、戒名(戒律を守り仏になるの)ではなく法名(阿弥陀様に我が身を任せ浄土に迎え取られる者)なのです。

戒名を選ぶ注意点

・夫婦で入る場合には、宗派・戒名の位をそろえる
・菩提寺がすでにある方は菩提寺に相談の上、許可があればweb法事までお申し込みください
・戒名を授かった上では、しっかりと仏の教えに沿った生活を心がける

戒名料

釋○○の3文字の場合
2万円

釋○○の3文字で過去帳・過去帳台をご希望の方、またはお位牌を選ばれた場合
5万円

○○院釋○○の6文字の場合
20万円(過去帳・過去帳台を含む、または過去帳への記入を承ります)

戒名授与のお申し込みの流れ

お問い合わせより「戒名授与希望」の旨をご連絡ください。故人様のお名前、年齢、また連絡先をご記入いただき、後日ご連絡いたします。故人様のお人柄などヒアリングの後、法名をご提案させていただきます。宜しければ書き写しお寺より郵送いたします。

法名をご確認の後、問題がなければ銀行振込、またはクレジットカードにて決済をお願いします。

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。