のし袋の書き方「法事の時」御仏前と御霊前の違いから納骨や永代供養の場合

葬儀や法事の時は、香典やお布施を入れるのし袋が必要です。しかしのし袋には様々な種類があるので、いざという時に迷わないためにも、ぜひ知っておきたい「のし袋の種類」について詳しく解説します。水引の種類や色についてもご紹介します。

「のし」は正式には「のしあわび」という

昔、貝のアワビをのして使った事から、こう呼ばれるようになりました。

ふだん私たちが「のし」という時には、主にのし紙(場合によってはのし袋)の事を指しますが、本来は「のし(熨斗)」とは四角い色紙を細長く六角形になるようにひだをつけて折り畳み、中に細く切った熨斗鮑(のしあわび)を包んだものの事を指します(下図の○で囲った部分が熨斗のし)

熨斗(のし)の本当の意味

のしあわびの「のし」は“延ばす、延びる”という意味で、古来中国で鮑は不老長寿の薬効があるとされていたことから、寿命を延ばすおめでたいものの象徴とされました。そのため、「のし」は祝儀、お祝い事の贈り物などに添えて用いられ、後に熨斗鮑の代わりに、昆布や紙を使うようになりました。のし袋やのし紙の表書きは、毛筆、又は筆ペンを使ってバランス良く丁寧に書きましょう。

「蝶結び」と「結び切り」


左が【紅白蝶結び】と右が【紅白結びきり】

紅白蝶結びとは

「紅白蝶結び」は、結び目を何度でも結び直せることから、「何度繰り返しても良いお祝い事やお礼」などに用います。

例えば、七五三、入学・卒業、お食い初め(新生児の生後100日に行われる儀式)や成人といった子どもの成長を祝う行事や、出産や長寿のお祝いなどで用います。また、お中元やお歳暮、お返しである「内祝い」にも用いられます。しかし、お見舞や快気祝い、結婚祝いなどでは「何度繰り返しても良いお祝い事」ではないので結びきりを用います。

紅白結びきりとは

「紅白結び切り」は、結び目が簡単にほどけません。よって「紅白蝶結び」は、結び目を何度でも結び直せて「何度でも繰り返して良いお祝い事」に用いるのに対して、「結びきり」は一度きりであってほしいお祝い事の時に用います。また、これらの内祝いにも最適です。

結婚祝いをはじめ、お見舞い、快気祝いなどが代表的です。何度繰り返しても良いお祝い事やお礼に用いる「紅白蝶結び」が不適切なお祝い事の際は、「紅白結び切り」を選びます。

また白黒の「結びきり」は、お悔やみごとのように二度とくり返してはいけないことに使います。

法事などで使うのし袋について

熨斗はのしあわびのことですから正確にはお祝いの時に使う右上に黄色などののしマークがついた紙をのし紙、袋状をのし袋と言い、それ以外のものは本当は「のし紙、のし袋」とは言いません。しかし現在では、現金を入れる祝儀袋も不祝儀袋もまとめて「のし袋」と呼ばれています。そのため「慶事用のし袋」「弔事用のし袋」と分けて呼ばれることもあります。

水引の色

水引の色にも一つ一つ意味があります。目立つ部分で慶事と弔事を間違えると恥ずかしい思いをするので、水引の色には注意して選びましょう。

白黒の水引の使い方

白と黒の水引は、弔事、特に葬儀や忌中の香典の時に使われます。また白とグレーの場合もあります。結び切りのものを選びます。弔事ですので「のしマーク」の付いたものは間違いです。

紅白の水引の使い方

紅白の水引きは、慶事の時に使います。
紅白+蝶結びは、結婚祝い以外のお祝い事全般に使います。
紅白+結び切りは、結婚祝い・お見舞いなどに使います。

黄・白の水引の使い方

黄色と白の水引を使ったのし袋は、主に西日本方面で四十九日法要や年忌法要の時、香典を入れる時に使うところが多いです。黄・白の水引はお葬式では用いません。

忌明けのお返しの品物、あるいは年忌法要の際の引き出物に、黄色と白の水引ののし紙を使用する場合もあります。のしマークの付いたものは用いません。

お葬式の時に用いるのし袋

葬儀に参列する時に持って行く香典は、白・黒のあわび結びか結び切りの水引を使ったのし袋を使うようにします。紅白の水引き、のしマークの付いたもの、蝶結びの水引は葬儀では絶対使いませんので注意しましょう。

香典の表書きの書き方

香典の表書きは「御香典」と書きましょう。

下側に贈る方の氏名を書きます。複数でまとめて香典をする場合は、代表者、1~2人のフルネームを書き、その横に「他〇名」と書くようにしましょう。葬儀の時は薄墨を使うのがマナーとされています。

法事の時に用いるのし袋

四十九日や一周忌などの法事の時も、香典はのし袋に入れて持参し、水引はあわび結びか結び切りで、白黒・双銀を使うようにします。西日本など地域によっては白・黄色を使う場合もあります。

香典の表書き

四十九日の忌明け後の法要における香典の表書きは「御仏前」あるいは「御佛前」と書くようにします。
「御香典」は忌明け前までですので注意が必要です。

お葬式の時と同様に、下に自分の氏名を入れます。お葬式では薄墨を使うのに対して、法事は故人が亡くなってから時間も経っていますので、薄墨ではなく普通の濃い色で書きます。筆ペンでなくても大丈夫ですが、ボールペンや鉛筆、黒以外の色は使わないよう道具には注意しましょう。

お供え物の表書き

のしとは贈る側から相手に対しての敬意を示すために使われ、法事の際にお供え物を持参する時は、きちんとのし紙を付けるようにしましょう。白黒、あるいは白黄の結び切りの水引が印刷されたのし紙を使いましょう。お供え物の表書きは「御供」「御供物」「御仏前」とし、普通の濃い墨を使います。

箱の上に直接のし紙を付けて包装紙で包む「内のし」と、包装紙の上からのし紙を付ける「外のし」がありますが、どちらでもマナー違反ではありませんn。一般的には誰が持ってきたか一目でわかるようにと、外のしにすることが多いです。

法事によって書き方が違う「のし袋」の表書き

法事といっても四十九日や納骨法要、入仏法要、懇志など様々な場面で用意する時があります。そんないざという時のために、のし袋の表書きについて知っておきましょう。

上記写真をダウンロード

白黒ののし袋

お布施または御布施

1周忌、3回忌の法事、月忌参り、祥月(命日)、葬儀、四十九日や満中陰、納骨の時にお寺に渡すときに用います。

御仏前

月参り、祥月、法事、葬儀、中陰などお寺に包む場合や、法事に参列する場合にお仏壇にお供えします。

御香典

お葬式の時に受付が設置されている場合

お膳料・お車料・お供え

上記とは別にお供えする場合には、白黒の水引で「結びきり」または「あわび結び」のものを用います。

紅白ののし袋

御布施またはお布施

お仏壇を購入、入仏式、初参式、お墓の建立の時に用います。

御仏前

各種法要(報恩講・降誕会)などお寺の行事や、住職就任、仏前結婚などでは紅白の水引を用います。

御年貢

年始のお参りには「御年貢」として新年の初参をします。

お膳料・お車料・お供え

上記の行事の時に、別にお供えする場合、お包みする場合には紅白の水引を用います。

懇志

本堂・門徒会館の新築や改築などお寺への懇志や寄付をする場合には懇志と書きます。

白黄ののし袋

西日本で多く使われており、お寺での行事、懇志や法事など幅広い場面で使うことが出来る。

 

 

 

 

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。