納骨の相場は?

現在では、幸いにも墓地・納骨堂・合同墓など選択肢があり、自由に選ぶことができます。他にも樹木葬やプレート葬など、さまざまな納骨の方法がありますが、現在もっとも人気があるのは以下の3つと言えるでしょう。

1,墓地に納骨

2,納骨堂に納骨

3,合同墓に納骨

の3つの納骨について、かかる費用について説明をしていきます。

一般的な「墓地お墓」に納骨する場合、かかる費用

現在、一般的な納骨方法は、お墓へ納骨することです。先祖代々引き継がれたお墓をすでに持っている場合には、この方法で納骨する事が多く感じます。しかし、これから新しくお墓を建てる費用や管理などを考えた場合に、負担などを考慮して、核家族化や都会にお子さんがおられる場合には、お墓を持たない方法であったり、夫婦タイプの納骨堂を選ばれる方が多くいらっしゃいます。

お墓に納骨をする際かかる費用

納骨式のお布施

遺骨を納めるための儀式を「納骨式」という法要を行います。僧侶が立ち会いのもと、読経をするなどして遺骨を納める納骨式の場合、お布施の相場はおよそ3万円~5万円程度で、別途お車代として5,000円~10,000円程度、会食を辞退されたら御膳料として5,000円~10,000円程度を渡します。

納骨式に必要な物品

納骨式の時に家から持っていくものは、お花・ロウソク・線香・お供え物として果物やお酒などを用意します。
またロウソクに火を付けるので、ライターを忘れずにお持ちください。お供え物など簡単なもので結構ですが、不安な場合にはお寺までご相談ください。

お寺の墓地ではお供え物は持ち帰ってもらっています。お寺では持ち帰ってもらうことをお願いしているので、境内に野良犬などが住み着くことはありませんが、近隣の墓地ではお墓参りするのにも不安になるほどや野犬がいます。お参りされたときには、持ち帰って頂くことが予防にもなりますので、ご協力のほど宜しくお願いします。

会食費

四十九日法要の時に納骨式を行う場合、法要後に会食の席を設けるのが一般的です。会食の費用は用意する料理によって変わりますが、一人当たり3,000円~10,000円程度のお料理をご準備されます。

場合によってかかる費用

納骨の作業費

ご遺骨を納めるために、お墓下部にある蓋を開けます。この作業を石材店に依頼すると、ご遺骨の取り出しと埋葬で工賃が2~3万円程度必要です。ご自身で開け閉めできるタイプのものであれば、費用はかかりません。

今まで納骨式に何度も立ち会っていますが、今まで納骨の蓋を開け締めする場合に業者の方が立ち会う必要があったことはありません。しかし、場合によっては収納部の汚れが目立ったり、湿気によって骨壷の中が水でいっぱいになるケースや、そもそも収納スペースが狭くて納骨出来ず、後日先祖のご遺骨を合葬して、改めて納骨したこともあるので、納骨式の前に蓋を開けてみて、収納場所を確認しておく必要はあるでしょう。もし湿気やスペースに改善が必要であれば、直接業者にご依頼ください。

建碑式、年忌法要のお布施

新しいお墓に納骨する場合、「建碑式」(けんぴしき)とよばれる法要を行います。納骨式のお布施とは別に用意します。また、回忌法要を同時に行う場合は、別途お布施を用意します。各お布施相場は、3万円程度です。

お墓の建立費用

新しくお墓を作る場合、墓石代やお墓を建てる土地、管理費用などが必要になってきます。これらの費用は寺や霊園、納骨堂によって大きく変化します。墓地を初めから準備する場合は、200万円程度は準備しておく必要があるでしょう。

納骨の費用を抑えるには

納骨の方法は、お墓だけではありません。最近では、様々な納骨方法が選ばれるようになっています。ここでは、永代供養や納骨堂についてお伝えします。

永代供養

お寺が家族に代わりご遺骨を管理・供養をする納骨方法です。共同墓に合葬するため、個人でお墓を購入するより大幅に費用を抑えることができます。

10万円で納骨から永代供養まで行っていますので、詳しくは合同墓の項目をご覧ください。

納骨堂

お寺では、納骨堂を持っている所もあります。

納骨堂は天候に左右されず、維持管理の手間もないので墓地よりも人気になっています。毎回お寺にお参りするのが抵抗があるかたでも、お墓と同じように日中の自由な時間にお参りできるので、大変利用しやすくなっています。

個別納骨堂

従来の納骨堂と同じですが、17回忌まで個別のスペースに納骨して、その後には合葬する方法もございます。

合同墓のように、最初から見ず知らずの人と一緒になることに抵抗があり、また子供や孫に引き継がれる家族タイプの納骨堂にするのにも迷われている方には、大変便利な方法かと思います。

17回忌の節目まで、個別納骨壇にお参りおして、17回忌以降には合同墓にお参りするので、後に残る家族にも負担はありません。17回忌の時に合同墓に納骨するのは、お寺で行いますので残された家族にかかる費用はありません。

まとめ

1から墓地・墓石を準備する場合には200万円ほど準備する必要がある。
合同墓なら費用を抑えることも出来て、10万円で納骨と永代供養もできる。
納骨堂が人気であり、家族タイプのものから夫婦タイプのものから個別タイプのものもあります。

自分や残される家族の環境に合わせた納骨方法を事前に選んでおくことが必要です。

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。