納骨はいつするの?一般的な流れを解説します

大切な人と別れ、特に親族との死別の後には、次々と慣れない儀式が続きます。お通夜やお葬式をお勤めし、火葬の後に骨壷にご遺骨を納め(拾骨)、この骨壷をお墓に納めることを「納骨」といいます。

突然の別れであれば何一つ準備をしていないでしょうから、「お墓がまだない」、「骨壷はいつ納めるのか?」と疑問に思われる方が多いでしょう。

納骨は、いつ、どのように行うことが一般的なのか、納骨に適した時期や納骨式の流れについて解説をしていきます。

納骨の時期

納骨をする時期について、宗派やしきたりによって明確な決まりはありません。

しかし、一般的に「四十九日」(満中陰)や「百ヶ日」、「一周忌」、おそくても「三回忌」の家族が集まる法事のタイミングで一緒に納骨することが一般的です。

四十九日は、満中陰法要とも言われ、故人の遺族が集まって偲びお経と共々に唱えることで、供養することが本来の目的です。中陰とは、「ちゅうぶらりん」の状態という意味であり、その状態が極まった頃といいので「満」といい、故人がもっとも家族の助けが必要であるとされる「満中陰」に法事を勤め、しっかりと場所を準備して納骨するのが良いでしょう。

しかし、この四十九日までにお墓が準備できないことがあれば、その後の法事のタイミングで納骨を行います。

百ヶ日

百ヶ日とは、故人が亡くなった100日後に行われる行事のことです。

大切な人を亡くし、悲しみに暮れる日々を過ごす中で、100日が経ったくらいが、日常生活は元に戻りつつも悲しみが深まる時期ともいえます。四十九日(満中陰)と同じ意味で、遺族や関係者が集まり、故人の供養のためにも大切な儀式です。

四十九日の時に納骨が出来なかった場合でも、この頃にはお墓の準備ができている方も多いことから、このタイミングで納骨をする方が多くいます。

一周忌

一周忌とは、故人が亡くなった日から1年後に行われる行事のことです。日程について、半年から3ヶ月前にはお寺や会館に相談して決めておきましょう。遅くなっても1ヶ月前までに日にちを決めておくと、案内された親族もお参りしやすいのではないでしょうか。

法事は命日より遅れてするのではなく、前倒しで早めに行うようにしましょう。

これまでご遺骨が手元から離れることに抵抗のあった人も、一周忌をむかえ心の整理をして、納骨をする準備を進めていきましょう。1周忌までに納骨することが望ましいです。

3回忌

3回忌とは、故人が亡くなって2年経過した時に行われる行事です。

日程など1周忌と同じで早めに決めて、参加される親族に連絡しておきましょう。ご高齢や遠方であっても、3回忌までは法事のご連絡することが相手方に失礼なく良いでしょう。また参加できない方には、3回忌が無事に終わった旨を伝えておくと、より親切な対応と言えるでしょう。

納骨は、できれば3回忌までに行うことが良いでしょう。

納骨のタイミング

納骨について、特に決まりはありませんが3回忌を過ぎることだけは避けて計画するべきでしょう。

①納骨するタイミングを失う

②手元の骨壷を置く仮祭壇など、日常生活にどうしても戻れなくなる

③手元を離れる際に、再び故人を失う悲歎に襲われる

①納骨のタイミングを失う

次の法事は7回忌とお葬式から6年後になることや、親族など納骨することを心配されることでしょう。また納骨をしていないということは、お墓参りの必要がないのでお盆の時期にお参りする場所もありません。お参りする場所がなければ、故人が安心して休まる場所もないので、四十九日(満中陰)が終われば早めに納骨すべきでしょう。

➁納骨しなければ日常生活に戻れない

手元にお骨がある場合、そこには仮祭壇として丁重にお骨がご安置されていることでしょう。しかし、「仮」の祭壇であり、ちゃんとしたものではありません。正式にお仏壇などをお迎えして、元の生活状態に戻れるように準備をしていくことが望ましいでしょう。

また家の見える所にお骨があるということは、例えば子供がいる家庭で友達などが遊びに来た時に、その様子を見てどのように思うでしょうか。急な来客があってお骨が見えるような場所にあったら、気分が良いものではないでしょう。

ご遺骨があるから、日常生活に戻れず、心の整理も行いないということがあるようです。心の準備と身の回りの整理は同時進行で行っていきましょう。

③故人を失う悲しみに再度襲われる

私がなるべく早く納骨を進める1番の理由がこれです。

ご遺骨と離れることは、残さた者にとって家族の縁が引きちぎられるような辛い思いをされている方が多いように見受けられます。ですので、納骨は少し遅らせて100日、1周忌を身辺整理と心の整理をつけてから納骨法要を迎えられるのが良いでしょう。

しかし、身近にご遺骨がある期間が長くなると、いざ離れる時に再度お葬式のときのような悲しみに襲われる心配があります。家族・親族もお葬式の時のような悲しみをして欲しくない場合には、なるべく早めの納骨をされることをおすすめします。

まとめ

納骨の時期に特に決まりはありませんが、参列者の日程やお墓など環境が整い、心の準備が整えば四十九日(満中陰)の時に納骨し、遅くとも1周忌や3回忌までには終わらせることが一般的です。

これから納骨するのに、「心の準備が」「寂しい」とご心配の方は、相談・面談を致しますので、お問い合わせよりご連絡ください。

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。