お仏壇を買う日にちの吉凶や良し悪しはありません。その迷信を超えるためにも仏壇の意味を知りましょう

お仏壇を購入を検討されている方は、日の良し悪しが気になるのではないでしょうか。大安が良いのか、友引は避けたほうが良いのか、色々とご心配のことでしょう。この度は、「お仏壇を買うと死人が出る」という迷信にお困りの方に役立つ情報をお伝えします。

お仏壇に関する迷信

「何もないのにお仏壇を買うと、死人が出る」という迷信があり、気にする方が多いようです。「何もないのに」とは、誰も死んでいないのにという意味です。予めお仏壇を用意することは大事なことであり、お葬式のご縁がある前から「お仏壇」は準備しておくと良いでしょう。けれども、まだお葬式もしていないのにお仏壇を購入することは、「死人が出てしまう」という迷信からか、購入を躊躇される方も多いのではないでしょうか。これは、お仏壇を「死人を祀る場所」という誤った認識から生まれたもので、仏壇を購入することと死人が出ることには何の関係性もありません。むしろ、現代でもそのような迷信に惑わされることが身の回りでは数多くあり、正しい見方で断ち切っていくことが重要です。

具体的な迷信の話

ご高齢のご婦人が、まだ死人が出ていないのにお仏壇の購入を検討されている友達に、このような助言をされました。「まだご主人は元気なんだから、仏壇を買うのなんて止めておきなさい。」実はこのご友人、ご主人の体調が悪く、先が長くないという事をお医者さんから知らされていたようです。そのために、終活の一つとして、家にお仏壇を迎えて、仏様をお迎えしようと考えていたのでした。しかし、そのお仏壇を家に迎え入れた途端に、ご主人の体調が悪くなって、先日お葬儀をされたとのことでした。仏壇を買うことを忠告されたご婦人がこのように言いました。「まだご主人が元気なのにお仏壇を買ったものだから、亡くなったのよ」

いかがでしょうか?迷信とは、このように実際に我々の周りに気づかないうちにたくさんあるのです。

迷信の話の続き

ご主人を亡くされた奥さんは「お仏壇を安置したいと夫婦で話し合ったけれども、友人の忠告を聞いて買うのを躊躇していました。その後、主人の体調が急に悪くなって・・・」実は迷信を気にして、お仏壇を買っていませんでした。けれども「買っていない」のに、ご主人が亡くなられてしまったのです。噂話は事実、どうなったかまでは伝わらないという事が分かります。

「命がこの先長くない」と自らの命と向き合った時に、「家に仏様をお迎えして、心の拠り所としたい」と思うことは不思議ではありません。そんな主人の思いを考え、奥さんもお仏壇を買うことに前向きだったのに「迷信」によって、この夫婦を迷わせてしまったのでした。

人生の本質は

人生は無常です。老いも若きもいつ死が訪れるか分かりません。お仏壇を買ったからといって、それが原因で死ぬわけではありません。買う買わないに関わらず、この世での寿命が尽きれば誰もが死んでいくのです。お仏壇は、そうした儚い人生を精一杯生き抜く拠り処になるものです。「死人が出る」と気にせず、1日も早くご安置しましょう。

なお、購入の時期や日の良し悪しはありません。

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。