お墓のメリットとデメリット

お墓(墓地・納骨堂・共同墓)の購入に迷われて相談に来られる方が多くいらっしゃいます。
その理由として、お墓の継承者不在や遠方にお墓があるためにお墓参りが出来ないといった事例が増えてきています。

そこでお墓の必要性と、お墓を持つメリットとデメリットを考えていきたいと思います。

そもそもお墓は必要か?

近年、お墓を持たない人も増えてきました。新しいカタチでは、樹木葬・散骨など一度は聞いたこともあるでしょう。墓石を用いない供養の方法として、近年全国に広まっています。しかし、全国に広がる中で様々な弊害なども起きているようです。

樹木葬だと森に帰す訳ですから、管理者が必要になります。もちろん、自然に帰るのですから管理者不要とすれば、すぐに人や車が入れないような場所になってしまいます。墓地のように石とコンクリートで施工された場所ではないので、その分管理費は必要になってきます。管理費用が低額に抑えられいた場合でも、それが10年、20年と継続しうる形態であるか見極める必要があるでしょう。

散骨であれば、一度撒いたらどこに骨があるのか分からなくなります。散骨の地に来たとしても、目印がなければ撒いた当事者以外は何の思い入れもなく、意味のない場所になってしまうでしょう。散骨した故に、「故人を迷わせてしまい、どこに手を合わせて良いのか分からない」という話も聞きます。

新しいカタチは大いに結構ですが、昔の人がなぜ森にも海にも骨を撒く事ができたのに、お墓のカタチをとってきたのかを改めて考える必要があるのではないでしょうか。

お墓の必要性

お墓は亡くなった人を埋葬する場所であると同時に、故人に「会える」場所でもあります。

お墓参りをした人ならば、お墓に向かって手を合わせた時に「何か」こころを動かすようなことがなかったでしょうか。

「また会いに来たよ」「なかなか来れなくてゴメンな」「一緒に○○に行った日も、こんな天気だったよね」など、やはりお墓参りをする人は、何かを語りかけずにはおれないのでしょう。そこには骨が埋まっているだけではなく、会いに来る「居場所」となっています。

もちろん、何も考えずに当たり前のようにお参りする人もいるでしょうが、お参りをさせる「何か」理由があるのではないでしょうか。

「親が守ってきたものだから、せめて自分までは同じように維持してやりたい」これも立派な孝行の一つです。

私達は、お墓に行くと同時に、自分たちの祖先に出会い、そして語りかけるという「心の整理」をしているのでしょう。

お墓の持つメリット

樹木葬や散骨と違い、一般的なカタチであれば親族や周囲からのトラブルを避けられる。

故人の居場所を確保できることで、家族が同じ方向を向いて手を合わせることができる。

震災を除き、一度の購入で風化することなく朽ちることなく維持していくことができる。

家族が故人を偲び、会いに来れる場所となる。

命の尊さを伝えていける場所となる。

お墓を持つデメリット

経済的な負担がある。

最低限、お墓の周りを管理する必要がある。

子どもや孫に精神的、経済的な負担がある。

無縁墓になる心配がある。

まとめ

以上のように、お墓を持つことにもメリット・デメリットが存在しますが、大切なのは残された人が故人をどのように弔いたいか、そして管理する必要があれば必ず親族と相談して決めることです。

「家族に迷惑をかけたくない」という思いは、親であれば当然とあることでしょう。しかし、自分では棺に入ることも荼毘に付されることも、すべて人にお願いして逝かなければなりません。残されたものが、「どのように弔いたいのか」その思いにも十分に耳を傾けていく必要があるのではないでしょうか。

幸いにも現在はお墓を選ぶ時に、納骨堂や一般墓地・共同墓など選択肢はたくさんあります。一度足をお運びいただき、自分の安眠の地を選んでみてはいかがでしょうか。

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。