お布施について

お布施について

まず重要な事は、お布施とは定額ではありません。各家庭の状況は違いますので、もしお布施額にお困りの方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。またお寺によっても同じく環境が違いますので、各お寺までお問い合わせください。

引用

お布施の由来奕葉山 昌伝庵 様
お布施の相場(税理士法人 チェスター様)
お布施とは?(小さなお葬式様)

管理人である専明寺では、お布施は法事の後の「後払い制」で、法事の内容にご納得いただけなかった場合はお布施は不要です。

後払い制のお布施

お布施とは対価とは違います。お布施は喜捨(きしゃ)とも言われ、字のごとく「喜んで捨てる」というように気持ちよく出せる金額のことを言います。ですので、お寺からお布施の値段提示することは間違いで、法事を利用した人(施主)が出したいと思った金額がお布施となります。無理をして多く出すことも、出さないことも違い、お布施は「お気持ち」で出すものであり、決まった金額というのはありません。

しかし、昨今の状況を考えますと、ある程度の目安が欲しい、みんながどれくらい包まれているのか知りたいという要望をお聞きします。そこで、web法事の管理人である専明寺では、では多くの方が「お気持ち」で包める金額に設定しています。

オンライン法事の料金

管理人である専明寺のオンラインのお布施の目安(あくまでも専明寺の目安ですので、各お寺によって環境やお勤めする内容も異なりますので、詳しくは各お寺までお問い合わせください)

法事を3万円(時間30分程度)
永代供養を10万円(時間40分程度)
納骨法要を1万円(時間15分程度)
録画による法事を3万円(時間25分程度)

としています。もし難しい場合にはご相談ください。
https://web-houji.com/contact/

もしお気持ちで少し包みたいという方には、お寺までお申し込みください。

仏教では法事を行う年が決まっています。法事は亡くなられた身内の方を偲び、それをご縁に残された私達が仏教の教えに出会う大切な機会です。ご家族・ご親族とともに教えにふれる機会を大切にしてください。

週末に法事を行う方が増えているので、他の方と予定が重ならないためにも早めに日程を決めるのが良いでしょう。一般的に命日よりも早めに行う方が多いですので、前倒しで予定を調整していきましょう

オススメ
よくあるご質問

・服装はどんなものが望ましいですか?
・複数人の法事供養も同時にお願いできますか?
・他の場所にいる家族もオンライン法事に参加できますか?
・当日までに準備するものはありますか?

続きを見る

© 2021 オンラインの法事はweb法事にお任せ(youtubeで解説動画付き)