お坊さん手配や僧侶派遣よりもオンライン法事がおすすめ!メリットや注意点とは

これまで葬式や法事というと、葬儀社が仲介してお坊さん派遣にお願いして執り行うことが一般的でした。ただ、現在はコロナウイルスの感染を防ぐため、法事のスタイルもオンラインへと変わり、オンライン法事という新しいサービスが普及しています。従来の僧侶手配をしていた大手企業から一般寺院でもお寺のホームページからオンライン法事を受け付けています。菩提寺をお持ちの方は、ぜひ一度お寺のホームページをご確認ください。
このオンライン法事は、これまでの法事の問題を改善した全く新しいサービスです。時代のニーズに合ったサービスなので、菩提寺が遠くて困っている方や、付き合いのあるお寺がない場合、また家族が遠くに離れてお参りできないという方は、オンライン法事の利用を検討してみるといいでしょう。

この記事では、オンライン法事とはどんなものなのかを紹介し、従来の僧侶派遣を利用するよりもメリットや注意点、予約するタイミングや選び方などについて詳しく解説していきます。オンライン法事について事前に正しい知識を身につけておけば、いざというときに役立ってくれるでしょう。

オンライン法事とは

オンライン法事は葬儀や四十九日など法事法要の際に、僧侶からオンラインで法事を勤めてもらううサービスになります。インターネット法事、リモート法事、ZOOM法事などと呼ばれることもあります。当サイトではweb法事と呼んでいます。
サービス内容は運営主体やお寺などによって異なりますが、法要の読経や戒名(法名)など、それぞれの儀式に必要なことを行ってくれます。自宅にいながら、法事が勤められたり、葬儀会館、斎場や墓前においてオンラインで読経を届けてもらうこともできます。

オンライン法事はパソコンや携帯があれば誰でも利用可能ですが、日頃からお世話になっているお寺がない人や、菩提寺がない人向けのサービスなので、菩提寺がある場合は状況に合わせて利用可能となります。
お墓での読経であれば市民霊園や民間霊園にある場合や、菩提寺がない場合であれば利用することができます。
オンライン法事では、必要なときだけ読経をしてもらえる一時的なサービスなので、自分の都合に合わせやすい魅力があります。葬儀や法要の後で檀家になる必要もないので、初めての人も安心して利用できるでしょう。

web法事で手配可能な宗派について

当サイトのweb法事で利用可能な宗派は、浄土真宗(西、本願寺派)になります。オンライン法事は様々な宗派に対応している企業もあるので、故人の宗派に合わせてお申込みください。浄土真宗には「東・西」または「大谷派・本願寺派」または「真宗・浄土真宗」と名称が異なりますのでご注意ください。

オンライン法事が向いている人とは?

オンラインでの法事に向いている人は、菩提寺がなくて困っている人です。菩提寺がある場合でも、菩提寺やお墓が遠方にあって出向くのが困難な場合や、お葬式を頼めない場合に、このリモートでの法事が役立ちます。オンライン法事を利用すれば、お布施の金額に悩んだり、僧侶との付き合い方に苦慮する心配もないため、煩わしい付き合いが苦手な人にも適しています。

オンライン法要は基本的に一度きりのお付き合いになるため、お寺や僧侶と継続的にお付き合いを続ける必要はありません。面倒な付き合いなしで必要なときだけ僧侶に依頼したい人や、檀家になる気がない人は、このオンライン法事を利用したほうがいいでしょう。
これまでになかった新しい葬儀の在り方、僧侶との付き合い方を求めている人にとって、魅力的なサービスだと言えます。

オンライン法事を利用するメリット

菩提寺に読経をお願いする場合、お布施以外にもお車代や御膳料など、実は多くのお金が必要になります。これらの金額を事前に用意しておくことは、初めての人にとって負担になるでしょう。お斎があれば食事などを用意するだけでも手間がかかるので、すべてに手が回らないかもしれません。
オンライン法事であれば、お布施の金額が事前に明確に提示されているため、「お坊さんにどれくらいお布施を包んで渡せばいいのかわからない」と悩む必要はなくなります。他のオンライン法事紹介サイトと料金を比較することもできるので、お金の面でも利用するメリットが大きいと言えます。
オンラインで法事をしたからといって、利用後に檀家や門徒になるよう勧められる心配はありません。お寺の檀家となって後々までお付き合いを続ける必要がないので、いつでも気軽に利用することができます。1回ごとの付き合いで終われるのも、オンラインで法事をするメリットの一つだと言えるでしょう。

オンラインですので全国どこからでも利用しやすいメリットがあります。全国どこでもパソコンや携帯さえあれば法事をしてもらえるため、自宅で法事をすることができます。両親が亡くなると、法要について誰に相談したらいいかわからず、困ってしまうことがあります。親族や近所の人と特に親しくない場合は、すべて自分で対処せねばならず、精神的な負担も大きくなります。
オンライン法事の場合、事前相談に対応してくれるため、わからないことや不安に思っていることがあれば、いつでも気軽にお問い合わせフォームやお電話にて相談ができます。相談相手がいない人にとって、大きなメリットとなることでしょう。。

僧侶派遣であれば、自宅など家に上がる心配がありますが、それもオンラインなら3密を避けて法事が執り行えます。

オンライン法事を予約するタイミング

オンライン法事を利用するには事前予約が必要です。ネット予約であれば、2ヶ月前からいつでも申し込み可能ですが、予約するタイミングが遅れてしまうと、予定日に間に合わない可能性があるので注意しましょう。オンライン法事は直前に予約するのではなく、時間に余裕を持って予約することが大事です。すでに日時が決まっていれば、遅くても2週間前までに予約をしておきましょう。特にお盆など法事の需要が高まる時期は、どのお寺も予約が混み合うため、1ヶ月前までには予約しておく必要があります。6〜7月までに予約しておけば安心です。

オンライン法事を利用する上での注意点

オンライン法事を利用するときに注意すべきは、菩提寺や所属寺との関係です。先祖の供養をして頂いている菩提寺がある場合は、事前に相談して、オンラインで法事を行う許可を得ておきましょう。事前相談なしに行いますと、菩提寺との関係が悪くなり、あとで様々な問題が起きるおそれがあります。

菩提寺がある場合は、菩提寺の僧侶に読経を依頼するのが基本です。まずは菩提寺にご連絡をしましょう。
菩提寺があるのにオンライン法事を利用する場合は、それなりの理由が必要になります。菩提寺の許可を得た上でオンライン法事を利用するなら問題ありませんが、そうでない場合は利用を控えたほうがいいでしょう。
菩提寺から許可が取れるのは、菩提寺が遠方にある場合や、ご住職が高齢や病気などによって勤修できない場合など、特別な場合に限られます。自分の勝手な都合だけでは許可してもらうことは難しいです。現在コロナ渦のため家族揃って法事ができないので、家族が揃って法事がしたいという理由も丁寧に説明する必要があります。
オンライン法事を利用する前にお問い合わせフォームに相談しておきましょう。電話で自分の状況を相談し、利用可能かどうか確認しておけば、事前にトラブルを防ぐことができます。

オンライン法事の選び方

オンライン法事といっても、サービス内容は業者・寺院によってそれぞれ異なるので、事前によく比較して選ぶ必要があります。利用する前はまずお布施(料金)についてを確認しましょう。ホームページに料金がきちんと記載されていれば安心ですが、そうでない場合は注意が必要です。オンライン法事ならお車代もお斎料も必要ありません。

運営母体の会社も忘れずに確認しておきましょう。信頼できる会社であれば安心ですが、身元がはっきりしないオンライン法事を運営する所は利用を避けるべきです。住所や連絡先、代表者名をきちんと調べてから利用する必要があります。最近はオンライン法事の需要の高まりとともに、僧侶資格を持たない人を派遣する業者もいるため、十分注意する必要があります。事前にネットなどで会社やサービスの評判を確かめてから、派遣を依頼するとよいでしょう。ホームページを見ただけでは、対応の良し悪しがわからないので、まずは事務局のコールセンターに問い合わせをして、対応がしっかりしているか確かめておきましょう。トラブルを未然に防ぐためにも、対応が丁寧で相談しやすいオンライン法事を利用するようにしましょう。

利用者さまの声
⚫コロナ渦により、通常の法事が出来ず「WEB法事」を選択しました。「WEB法事」と聞いて正直不安が多少ありましたが、普段の法事と変わらず、その場にいるような感覚になれるような法事でとても感動しました。画像も鮮明で見やすく、故人の名前が印字された紙が立ててあったり、名前をお話の中で呼び掛けてくださることで、使いまわし感がなく、特別な法事に感じました。是非また利用させていただきたいと思います。

⚫初めてのweb法要だったので、どのような感じになるのか不安感がありましたが、体験してみてこれならまた次回もお願いしたいと思いました。母は高齢のため墓苑で通常の1周忌法要を営むことが、本人にとっても家族にとっても負担に感じていました。また本人は新型コロナウイルスに感染すれば死んでしまうと思い込んでいるため、いろんな事にナーバスになっており、暑い中の移動もなく自宅で法要に参加できることは熱中症や他の感染症を避ける上でも、大切なことだと感じました。

⚫とても良いお坊様に巡り会えたという嬉しい気持ちでいっぱいです。 母も極楽で喜んでいると思います。一人きりの寂しい法事になるかと思っていたのですが、藤本ご住職の心のこもった美声のお経とお話に癒され、お蔭様でとても良い時間を過ごさせて頂きました。